子育てを楽しむためにはどんな仕事をすればいい?敏腕女性マネージャーのキャリア戦略。 (志村綾子さん・前編)

 現在、人事コンサルタントおよび産業カウンセラーとして活躍されている志村綾子さん。「子どもを第一にするために”実績を積む””結果を出す””最前線で活躍する”にこだわった」という志村さんのキャリア構築や育児経験、チームマネジメントについてお聞きしました。今回は前編です。

 

 

 ー 志村さんのキャリアのスタートについて教えてください。

 

大学のゼミでは金融を学び、新卒でオリックスに就職しました。入社後は営業を希望していたのですが、入社後人事に配属され、採用と研修を担当していました。

 

しかし営業をやってみたいという気持ちはずっと持っていました。営業は「男性と同じように成果で評価される」というイメージがあったからです。クライアントの最前線に立つことは、前面に出ることよりもサポート業務が多いバックオフィスより、男性同様に評価され、当時の私には魅力的に見えました。父が脱サラをして会社を経営しておりましたので、営業を最前線でしていた父に憧れていたこともあります。

 

そんな折、人材ビジネス会社からから営業ポジションの誘いがあり、転職をしました。転職後30歳の時、新宿支店を開店するので、支店長にならないかと打診があってお引き受けすることにしました。

 

ー 30歳で支店長となり、どんなご苦労があったのですか?

 

初めて20名くらい部下を持ち、かなり苦労しましたね。部下のマネジメントや、支店をまとめあげていくことは、とても大変でした。

 

実は支店長になる前、職場で同僚から、「志村さんの話し方はすごく論理的なんだけれど、気持ちが伝わらない」と言われたことがあります。その出来事が契機となり、仕事をしながら、深く人と関わるためのコミュニケーションを学ぶために産業カウンセラーの資格を取得しました。現在も継続してキャリアコンサルティングなどいろいろ勉強しています。資格を取ったことで自信も少しだけですが生まれてきました。

 

しかしながら、支店長になってからもコミュニケーションの問題は起こりました。年上の部下も多く、「志村さんのいうことはもう聞かない」と、総スカンにあったこともあります。本当にショックでした。私のやり方がいけなかったのかなと、部下全員に謝ったという経験もあります。目標になる人材が近くにいないことは、辛かったですね。

 

ー 色々あったのですね。ライフイベントとの両立はいかがですか?

 

結婚したのが24歳、34歳で出産しました。もともとキャリア志向は強かったんです。

 

しかし、出産後も支店長として働くつもりだったのですが、育休から復帰する際に「支店長職は産後は大変だろうから本社に戻りなさい。」と言われてしまいました。この辞令は本意ではありませんでした。

 

本社でルーティンが多い管理業務になると、やりがいを感じなくなってしまうと感じ、育休中に転職活動をし、外資系大手通信会社に人事マネージャーとして入社しました。

 

しかし当時は、子育てと仕事で一杯一杯でした。そんな時に上司が勧めてくださったのが『7つの習慣』です。今でも私のバイブルです。特に仕事とプライベートと将来への投資などの優先順位の付け方や、目標を立て先の予測すること、ロジカルシンキングなどは、自分の行動規範として今も大切にしています。

 

ー 出産後から今に至るまでのキャリア形成はどのようなものだったのでしょうか?

 

外資系で、子育てしながら働きやすい環境でしたが、しばらくして米国本社が事業再生になり、日本でもリストラをすることになりました。上司と一緒に社員の退職交渉を進めていったのですが、途中で上司が急に転職してしまって、不本意ながら部長になり、私一人で交渉を続けることになりました。ここで非常に辛い思いをしました。人に辞めていただくのはこんなにも大変なことなのだと痛感しました。

 

社内には、リストラが終わると、人事の担当者は辞めなければならない風潮がありました。外資系の別の人事のポジションに転職しとようかと進路を迷っていた時に、古巣のオリックスから人材会社の立ち上げを手伝ってくれないかと言われ、移ることにしました。退職された方々に新たなキャリアを創生したいという気持ちもあったのかもしれません。

 

そこでは25名程の部下を率いて、人材サーチの仕事を開始します。親会社でもあるオリックスは典型的な男社会で、当時女性マネージャーは数えるほどしかいなくて、周りからのプレッシャーは大きかったですね。風当たりは強く、社内で相談できる女性もいませんでした。

 

一方で「やりがい」は感じていました。会社がどんどん伸びていくことにワクワクしました。しかしリーマンショックで所属の人材会社がクローズすることになり、再度転職。ヘッドハンティング会社を経て、現在はコンサルテイング会社のパートナーとして勤務しております。クライアントとのコンサルティング契約の元、採用戦略をたて、戦力となる人材のサーチ(紹介)の仕事をしています。

 

ー 出産後もバリバリ最前線で働いていますが、出産後に変化したことはありますか?

 

若いころから、最前線でバリバリ働きたい、いずれは父の会社を受け継ぎたいと、ずっと思っていました。でも、実は子供ができてからは子供が第一になってしまいました。しかし、子供を第一にするには、時間をコントロールできる立場でなければいけないのです。そのためにも、ある程度の役職や経験が必要だと考えています。だからこそ、私は「実績を積む」「結果を出す」「最前線で活躍する」にこだわっています。

 

また、子供の教育のためにも金銭的なゆとりを持ちたいという気持ちもあります。

 

ですから、はじめは自分のために仕事をしていたけれど、子供ができてからは、どちらかというとモチベーションは子供の成長に変わったかもしれません。

 

続きは後編

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

最新記事
Please reload

アーカイブ
Please reload

タグから検索
Please reload

ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square
This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now