一人で頑張る女性リーダーたち。一生懸命な彼女たちを私は全力で応援したい。 (畑さち子さん・後編)

前編では、畑さんが転居に転居を重ねた末に“私が生きる道”に出会うまでの紆余曲折に迫りました。後編では、畑さんが出会った女性リーダーの現状について聞いていきます。

 

 

 ー “コーチング”と“メンタリング”の違いは何ですか?

 

両者の基本姿勢は“考えるのも決断するのも相手が主体”であるということで共通しています。

 

大きな違いは“メンタリングはアドバイスをする”ということです。

 

なのでメンタリングの方がより相手に斬りこんでいくという印象があります。ただしメンターからのアドバイスを納得して受け入れるかどうかは相手、つまりメンティさんにかかっています。コーチングの方が効果が出る相手と、メンタリングの方が効果が出る相手がおり、それぞれの特徴や強みがあります。

 

今後私が積極的に支援させていただきたいのは“次世代の女性”です。

 

私も頑張ってきたつもりですが、一方でたくさんの人たちに助けていただきました。その人たちに恩返しをしたい気持ちはもちろんあります。でも中には離れ離れになってしまった人もおり、難しい。だからその代わりに、未来ある女性たちを支援したい。いわば“恩送り”ですよね。女性は結婚や出産、子育て、介護、そして私のように夫の転勤など、置かれる環境に自らの人生を左右される傾向が男性よりも高いと思います。そんな中で女性たちは頑張っています。私は彼女たちを応援したいのです。

 

この思いが、私を“メンタリング”に導きました。

 

今の30代~40代の女性にとって、私は少し先を歩いてきた先輩です。彼女たちに対して、「あなたはどう思いますか?」「あなたはどうしていきたいですか?」と問い、自分たちの中にある答えを導き出していくというコーチングはもちろん効果的です。

 

ただ最近は彼女たちから「こんな時、畑さんならどうしますか?」「どうやってきましたか?」など、アドバイスを求められることが増えてきました。「彼女たちが少しでも先に進めるのであれば、貢献したい」という思いはありましたが、きちんと勉強した上でアドバイスできるようになりたいと思いました。それが“メンタリング”をしっかりと意識したきっかけです。

 

ー 女性リーダーを特に支援したい理由は?

 

2つ理由があります。まず“影響力が大きい”からです。

 

例えばすでにご結婚されてお子さんもいらっしゃる女性管理職の人であれば、その人のことをたくさんの人たちが見ていると思います。もしその人が生き生きと楽しそうに仕事をされているのであれば、彼女たちの後輩や部下の女性たちは「結婚して子どもがいても、あの人のように楽しく働くことができるんだ」「会社に貢献できるんだ」と感じる。

 

歯を食いしばって、がむしゃらに肩ひじを張らなくても、社会で認められるということを、多くの女性たちに感じてもらえ、彼女たちの考え方や行動も変わり、やがて日本の社会を変えることができる – そのような可能性を感じ、女性管理職の皆さんを支援させていただきたいと考えています。

 

2つ目の理由は、女性管理職が「自分が昇進することで、後進の女性たちに道を開いてあげたい」「自分が楽しくがんばっている背中を、後に続く女性たちに見てもらいたい」と考えて日々仕事をしているということです。

 

例えば「私は頑張ったけど役員になれなかった。後に続こうとしている女性たちに“この会社では、女性は役員になれないんだ”と思わせてしまった」とおっしゃった人がいました。「そんなに背負い込まなくても良いのに・・・」と思うのと同時に、「そこまで頑張っているのなら、私と話すことで少しでも楽になってほしい」と思います。

 

私は管理職そのものは経験ありませんが、多くの女性リーダーたちをクライアントとして導いてきました。いわば、プロの伴走者です。

 

彼女たちはリーダーである前に、もがきながら前に進もうとしている人たちです。

 

高いポジションにいる女性ほど、一生懸命で、一人で悩んでいる。中には「言葉って、人に指示を与えるために存在するのだと思っていました。自分の感情や考えを聞いてもらえるだけで、こんなに力が湧くものなんですね」とおっしゃる人までいました。そんな彼女たちの姿が、とてもいとおしく感じます。

 

ポジションが上がれば上がるほど、本音や弱音を言う相手がいなくなってしまうんですね。

 

彼女たちは、本当に一生懸命頑張っています。私はそんな彼女たちに「本当によく頑張っているね」と言って寄り添ってあげたい。そういう思いで、私は彼女たちにメンタリングをさせていただいています。

 

私と話すことで元気を出し、自分の道を見つけ、成果を出していってほしい。そして周りの女性たちのモデルになっていただけたら、メンター冥利に尽きます(笑)

 

ー 頑張る女性たちに、メッセージをお願いします。

 

「人生は、あなた次第」「これまで体験してきた全てのことが、あなたの糧になる」です。人生では、思っていたようにうまくいかないことなどたくさんあります。そこで「ああ、私ってツイていない」「○○のせいでうまくいかない」と嘆くのではなく、「ならばどうするか」を考える。振り返れば、それが私の人生であり、だからこそ私が今メンターとして皆さんと接することができるのだと思います。

 

「前編」を読む|

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

最新記事
Please reload

アーカイブ
Please reload

タグから検索
Please reload

ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square
This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now